電験三種

【受かる気がしない?】電験三種に馬鹿でも合格できる勉強法7選 | 馬鹿でも受かる理由も

この記事でわかること

  • 電験三種は「馬鹿」でも合格できる
  • 「馬鹿」でも電験三種に合格できる理由3つ
  • 電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法7つ

この記事を書いている人

 

皆さん、こんにちは。電験三種合格ラボの「でんさん」です。
この記事では「馬鹿でも電験三種に合格できるのか?」について解説していきます。
電験三種を受験する方は「自分は馬鹿だけど電験三種に合格できるの?」と悩んだことはありませんか?
でんさん
受験生
僕は低学歴で馬鹿だから電験三種に合格できる気がしません…
馬鹿でも電験三種に合格できるのでしょうか?
受験生
僕も馬鹿です。
馬鹿が電験三種に合格するための勉強法について教えて欲しいです。
電験三種は難しい試験だからこそ「馬鹿な自分が合格できるのかな…」と思う方もたくさんいますよね。
馬鹿でも合格できる勉強法を知りたい方も多いです。
でんさん

 

そこでこの記事では、電験三種は「馬鹿」でも合格できるのか?について解説していきます。

合わせて「馬鹿」でも電験三種に合格するためのおすすめの勉強法についても紹介していきます。

この記事を読めば「低学歴で馬鹿な私でも電験三種に合格できるの…?」「馬鹿な自分は電験三種をどのように勉強していけば良いの…?」という不安を解消できます。

自分は馬鹿だけど、電験三種に合格したいと思っている方や、馬鹿な自分が電験三種に合格するための勉強法を知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

【無理なの?】電験三種は馬鹿でも合格できるの?

受験生
僕は低学歴で、馬鹿ですが、電験三種を受けようと思っています。
馬鹿な僕は、電験三種に合格できるのでしょうか…?
自分を馬鹿だと思い込んで、電験三種に合格できるのか不安になる方は多いです。
そこでここでは、馬鹿が電験三種に合格できるのかを解説していきます。
でんさん

 

結論から言うと、電験三種は「馬鹿」でも合格できます。

電験三種は運も必要ですが、勉強すれば合格できる試験だからです。

しかし、それでも不安な方は多いですよね。

そこで次は、電験三種に馬鹿でも受かる理由を3つ紹介していきます。
でんさん

 

馬鹿でも電験三種に合格できる理由3つ

受験生
「馬鹿」でも電験三種に合格できると言っていましたが、それはなぜなのでしょうか?
そうですよね、理由が気になりますよね。
そこでここでは、馬鹿でも電験三種に合格できる理由について以下の3つを解説していきます。
でんさん

馬鹿でも電験三種に合格できる理由3つ

  • 理由①:正しい勉強をすれば合格できる試験だから
  • 理由②:科目合格制度があるから
  • 理由③:実際に「馬鹿」でも合格しているから
ぞれでは、馬鹿でも電験三種に合格できる理由3つについて、それぞれ解説していきます。
でんさん

 

理由①:正しい勉強をすれば合格できる試験だから

馬鹿でも電験三種に合格できる理由1つ目は「正しい勉強をすれば合格できる試験だから」です。

電験三種は、間違った勉強法をすると合格できません。

電験三種の間違った勉強法

  • 復習をしない
  • 毎日勉強していない
  • 「理論」から勉強していない
  • 公式を丸暗記して理解していない
  • 原理を理解していない
  • 計算を工夫していない

など

 

これらのことを行っていると、電験三種は合格しにくいです。

逆に、間違った勉強法の逆の方法で勉強をしていると、自然と点数は伸びてきます。

「馬鹿」な方が間違った勉強法をしがちなので、正しい勉強法を行うようにしてみてください。

「馬鹿」でも電験三種い合格するためには、正しい勉強方法の習得が必須となります。
でんさん

 

理由②:科目合格制度があるから

馬鹿でも電験三種に合格できる理由2つ目は「科目合格制度があるから」です。

科目合格制度は、「4科目中、合格した科目は2年間受験が免除される」という制度です。

この制度があるおかげで、1年で4科目全てに合格できなくても、3年かけて合格すれば、電験三種を取得できますよね。

「馬鹿」でも電験三種に合格できる理由として、科目合格制度の存在はかなり大きいです。

科目合格制度について知りたい方は、以下の記事を必ず読んでみてください。
でんさん

 

理由③:実際に「馬鹿」でも合格しているから

馬鹿でも電験三種に合格できる理由3つ目は「実際に馬鹿でも合格しているから」です。

僕は電験三種を取得していますが、正直に言うと僕は馬鹿です。

僕のスペック

  • 高校レベルの数学は何とか解ける ⇒ 電験三種は高校2年生までの数学で十分対応できる
  • 電気工学専攻 ⇒ 電験三種の「理論」はある程度わかるが、他の科目はできない
  • 電験三種を2年かけて取得 ⇒ 科目合格制度を利用している

 

電気工学を専攻しているのに、理論しか大学の授業と被りませんでした。

そんな「馬鹿」な僕が電験三種に合格できたので、馬鹿だと思い込んでいる方は、必ず合格できます。

そのため「馬鹿」でも諦めずに毎日勉強し続けることが大切です。

次は、電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法について解説していきます。
でんさん

 

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法7つ

受験生
電験三種に「馬鹿」でも合格できる理由はわかりました。
では、どのように勉強していけば良いのでしょうか?
そうですよね、気になりますよね。
ここでは、電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法について解説していきます。
でんさん

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法7選

  • 勉強法①:独学か通信講座で勉強するかを決める
  • 勉強法②:継続して勉強する
  • 勉強法③:公式を理解してから覚える
  • 勉強法④:原理を理解する
  • 勉強法⑤:第二種電気工事士を取得してから電験三種を勉強する
  • 勉強法⑥:「理論」から勉強する
  • 勉強法⑦:定期的に復習する
それでは、電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法7つについて、それぞれ解説していきます。
でんさん

 

勉強法①:独学か通信講座で勉強するかを決める

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法1つ目は「独学か通信講座で勉強するかを決める」ことです。

最初に独学で勉強するか、通信講座で勉強するかを決めておきましょう。

独学の場合は、「みんなが欲しかった!電験三種」がおすすめです。

通信講座の場合は、JTEXの電験三種受験講座がおすすめです。

独学でも通信講座でも、正しい勉強をすれば必ず電験三種に合格できます。

そのため、自分を「馬鹿」だと思う人は、まずは独学か通信講座かを決めておきましょう。

ちなみに僕は独学で取得しましたし、友達は通信講座で取得しているので、自分に合っている方を選ぶことをおすすめします。
でんさん

 

勉強法②:継続して勉強する

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法2つ目は「継続して勉強する」ことです。

電験三種に合格するためには、長時間の勉強が必要だからです。

人によりますが、平均で約1000時間かかるとも言われています。

自分を「馬鹿」だと感じている方は、とにかく毎日継続して勉強してみてください。

仕事や学校で忙しくても、毎日30分~1時間は勉強することをおすすめします。
でんさん

 

勉強法③:公式を理解してから覚える

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法3つ目は「公式を理解してから覚える」ことです。

電験三種で公式を丸暗記してしまうと、高確率で落ちます。

テブナンの定理や抵抗率の公式など、出てくる公式はたくさんあります。

そのため、公式を丸暗記するのではなく、公式を理解してから暗記しましょう。

公式を丸暗記すると、忘れた時に思い出せなくなりますし、勘違いして覚えてしまうこともあるので、リスキーです。
でんさん

 

勉強法④:原理を理解する

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法4つ目は「原理を理解する」ことです。

電験三種では、どのように機械や回路が動いているのかを理解することが重要です。

例えば、発電機や電動機、発電所や変電所などの仕組みを理解することで、覚える内容も減ります。

「馬鹿」だからこそ、電験三種に合格するために、原理を理解するように意識してみてください。

原理を理解することは難しいですが、しっかりと考えることも大切です。
でんさん

 

勉強法⑤:第二種電気工事士を取得してから電験三種を勉強する

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法5つ目は「第二種電気工事士を取得してから電験三種に勉強を始める」ことです。

受験生
電験三種に合格しようと思っているけど、自分は馬鹿だから難しすぎるな…
受験生
電験三種を取得したいけど、電気関係のこと全くわからないです…

 

このような方は、まず第二種電気工事士の資格を取得してから、電験三種の勉強を始めることをおすすめします。

第二種電気工事士は、合格率も比較的高く、電験三種より難易度はかなり低いです。

そのため「自分は馬鹿すぎる」「電気のことは全く知らない」という方は、第二種電気工事士に合格してから、電験三種を勉強してみてください。

第二種電気工事士を取得してから電験三種に合格する方もたくさんいますよ。
でんさん

 

勉強法⑥:「理論」から勉強する

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法6つ目は「理論から勉強する」ことです。

電験三種の全ての科目の基礎となるのは「理論」だからです。

理論の内容がわかっていないと、機械も電力も法規も合格しにくくなります。

だからこそ、自分を「馬鹿」だと思っている方は、理論から勉強してみてください。

僕も理論から勉強しています。
理論をマスターできないと、他の科目もマスターできません。

電験三種の科目を勉強する順番を知りたい方は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

でんさん

 

勉強法⑦:定期的に復習する

電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法7つ目は「定期的に復習する」ことです。

電験三種は、幅広い勉強と長時間の勉強が必要なので、少しずつ今までの内容を忘れてしまいます。

例えば、理論を1か月かけて終わらせても、最初の方を忘れてしまっている場合があります。

そのため、自分を「馬鹿」だと思っている方は、定期的に復習することが重要です。

週末にまとめて1週間分の復習をしたり、毎日勉強を始める前に少しだけ復習したり、自分に合った復習法を見つけましょう。
でんさん

 

まとめ:電験三種は馬鹿でも合格できるので諦めないことが大事!

この記事では、電験三種は「馬鹿」でも合格できるのか?について解説していきました。

合わせて「馬鹿」でも電験三種に合格するためのおすすめの勉強法についても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

自分を「馬鹿」だと思っている方は、ぜひ最後に復習してみてください。
でんさん

この記事のまとめ

■ 電験三種は馬鹿でも合格できる!

■ 馬鹿でも電験三種に合格できる理由3つ

  • 理由①:正しい勉強をすれば合格できる試験だから
  • 理由②:科目合格制度があるから
  • 理由③:実際に「馬鹿」でも合格しているから

■ 電験三種に「馬鹿」が合格するための勉強法7つ

  • 勉強法①:独学か通信講座で勉強するかを決める
  • 勉強法②:継続して勉強する
  • 勉強法③:公式を理解してから覚える
  • 勉強法④:原理を理解する
  • 勉強法⑤:第二種電気工事士を取得してから電験三種を勉強する
  • 勉強法⑥:「理論」から勉強する
  • 勉強法⑦:定期的に復習する

 

電験三種は難しい試験です。
電験三種に受かる気がしないと思っている方は、毎年たくさんいます。
しかし、それでも合格するには、4科目とも60点以上の点数を取る必要があります。
電験三種は馬鹿でも合格できます。
「自分は馬鹿だから合格できない…」「自分は高卒文系で馬鹿だから一生合格できない…」このように考える方にこそ、この記事で紹介した勉強法を実践してほしいです。
電験三種は「馬鹿」でも合格できる試験なので、諦めずに毎日勉強しましょう。
でんさん

-電験三種

Copyright© 電験三種合格ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.